葉酸中村江里子の効果といつ飲むのが良いのか

胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

不妊の要因になるものといえば、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性の方での問題と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性由来のものとが考えられます。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで補おうとすると葉酸不足の心配もあります。ですので足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。

友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。

やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思います。

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、卵巣に影響を与える鉄分は、どちらも不足しがちなものです。
詳細はこちら

普段の食生活では摂取量が足りません。ですので食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが見かけますから、こうしたサプリを選べば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。